メイドインジャパンってどこが良いの?

メイドインジャパンの魅力を言葉にすることの難しさ

メイドインジャパンは良いという「なんとなく」の価値観は昭和生まれの方はもちろん、平成生まれの方も持っているように思います。

でも具体的にメイドインジャパンのモノづくりの魅力ってどこにあるの?と抽象的に尋ねられたときに答えられる人は少ないのではないでしょうか?実はこんなサイトを運営している私にも答えることができません(・・・え?)。専門書を一冊でも読めば、ある程度伝わるのでしょうが、これらの本の堅苦しいのなんのって・・・普通に生きていく中で必要ありませんから・・・。

「ん?良さ?えっとね、細かい部分に気を使っているところとか、四季の変化に対応した堅牢なモノづくり力とか、安心感とか、、」って感じでなんとなくの傾向であれば羅列することはできるのかもしれませんが、やっぱり分厚い本を一冊書くくらい羅列しないと、その魅力の実態をつかむことは困難です。

そして、実態をつかむことが困難ということは、人に伝えることができない、ということです。人に伝えることが困難ということは、外国に輸出する際にも「メイドインジャパン」というブランドが魅力として伝わらないという残念な現実に他なりません。

良さは言葉にするよりも感じてもらうのが遠回りのようで近道

結局のところ、これが私の答えです。たくさんのメイドインジャパンの製品を観て、使って、感じてもらうしかない。「良いモノ」に一貫性を見つけてもらい、その一貫性の1つが「メイドインジャパン」であることを感じてもらうしかない。これがメイドインジャパンがブランドであり続けるための唯一の道ではないでしょうか。

この間、メイドインジャパンの良さを感じてもらうという観点からすごく良いウェブサイトを見つけることが出来ました。買ってよかった.comというサイトです。

サイトはこちら→買ってよかった.com(外部リンク)

いろいろな人の買ってよかったと思うモノが掲載されているのですが、何が素晴らしいって全ての商品に「メイド・イン」が載っていることです。さらにメイドインジャパンの製品のみを見ることも可能。

意見を見るだけで、使って感じるわけではないので(ウェブサイトなので当たり前)、良さが伝わるわけではないでしょうが、「あーこーゆーものがメイドインジャパンなんだ・・・」という傾向をつかむことができて大変興味深かったです。

この買ってよかった.comさんのように「他と比較して」「感じてもらう」のが一番です。そしてその良さを言葉にできる人がいたらぜひとも言葉にして発信していただきたい。

メイドインジャパンの良さは具体的な商品名で答えるのが一番

ということで結論としては、「メイドインジャパンってどこが良いの?」という抽象的な質問に対しては、「この手ぬぐいにその答えがある」といった感じで、具体的な商品を提示して、感じてもらうのが一番だ、ということです。

メイドインジャパンの良さを探している方、確信が持てない方へのご提案として、例えばこれから買うものを数ヶ月間だけも、購入するものを家具や家電などをメイドインジャパンのものだけにしてみてはいかがでしょうか?きっと、そこから良さを見つけ出すことができるはずです。

もしも良さを実感することができなかったら、それはそれでしょうがないと思います。ほとんどの方が実感することができないということは、日本の製造業全体が新しい切り口を見つけないということに他なりません。

実感してもらうことの大切さ、とにかく手にとってもらうことの大切さ、これこそが今後の課題になっていくと考えます。質問の答えになっていないのかもしれませんが、、あなたも、どこが良いの?と考えるよりも前に、まずは感じてください。