メイドインジャパンのトイレ

日本が世界に誇れるのは、トイレです。
なんと言っても、どこに行ってもウォシュレットは当たり前の状況になっています。私達は日頃、当たり前のように使っていますが、海外に行くと、いかに日本のトイレが清潔で機能的かを思い知らされます。

例えば、トイレのドア一つにしても、日本のトイレはきちんと隙間がないようにドアが閉じられます。しかし、アメリカなどの公衆トイレはドアの上下が開いていて、中に人が入っているのが外からわかるようになっています。
それに、ドアを閉めても、ドアと壁の間に隙間があって、そこから中の様子がちらちらと見えるような状況なのです。これでは落ち着いて用がたせないです。治安の問題で、そのようなトイレになっているのですが、それにしても、公のトイレがそれでは、安心していいのか、安心できないのか、わけがわからなくなってしまいます。

日本のトイレは、デパートでも、病院でも、レストランでもウォシュレットがついているのが当たり前になっています。ウォシュレットになれっこになってしまうと、ウォシュレットがついていないトイレに入ったら、すごく汚い感じを受けてトイレを出ることになります。
最近の日本製のトイレは、すべてが全自動になっていて、トイレにはいると、便座のふたが自動的に上がって、ウォシュレットでお尻を洗い、手を洗うときも手をかざすだけで水が出て、風を利用したハンドドライヤーで手を乾かして、自動ドアで外に出ることができます。

こんなに豪華なトイレは世界中探しても、日本だけです。
先進国であるアメリカのニューヨークの公衆トイレでも、これほど見事なトイレを見かけることはありません。

日本を訪れた外国人が一番感動するのが、トイレのウォシュレットらしいです。
映画俳優のウィルスミスなどは、日本のウォシュレットのトイレが気に入ってしまって、トイレを買ってハリウッドに帰ったそうです。

私は外国人の友達に、ウォシュレットの機能の良さと、清潔さを熱弁します。
トイレの「大」をしたとき、紙で拭いただけできれいになったといえますか、と。例えば、手にウンチがついたとしたら、ティッシューペーパーで拭いただけできれいになったと思いますか?と。答えは簡単です。ウンチがついたては石鹸をつけて水洗いします。それと同じことをトイレでやっているだけのことですが、それがどんなに清潔なことか、想像しただけでわかってもらえるのです。
そして、「日本て、すごい」と言わしめるのでした。