今治タオル(タオル)

愛媛県に今治市という街があります。今治は造船業が盛んであったり、船主の会社がたくさんある海運の街として知られています。実はそれ以外にも今治はタオルでも有名な街なんです。今治にはタオルメーカーがたくさんあるんです。私はそれを以前は知らなかったんですが、最近今治に頻繁に出張するようになって知りました。

最近はタオルのようなものは日本で生産するとコストがかかるので、海外で生産されることが多いですが、「今治タオル」はすべて今治で生産されています。私もためしに購入して使ってみましたが、肌触りが全然違います。生地がしっとりとしていて、すごく柔らかく、水分の吸収がとても優れています。

 タオルって消耗品だと思っているので品質にはそんなにこだわらず、値段重視という人も多いと思いますが、使ってみると少し高くてもいいものはいいと思うようになります。私は最初に購入したのはハンドタオルのようなものだったんですが、最近はバスタオルや、フェイスタオル、タオルハンカチなどいろいろ揃えています。今治には今治タオルを専門に扱っている店があるので出張のたびに、そこで購入しています。ここにはカラフルなタオルなどがたくさん売られていて、見ているだけで楽しくなります。

 今治タオルには認定マークがあって、独自に定められた吸水性や脱毛率などの基準を満たした製品だけがそのマークをつけられるらしいです。
 それだけ丁寧に作られているだけに値段も結構高いです。たとえば高級ホテルで使用されているようなタオルだと1枚5000円以上するんです。高級ホテルのバスタオルはビジネスホテルなどの硬いゴワゴワのタオルと違って、柔らかい何とも言えない肌触りが味わえますがそういうタオルです。私はそれを購入したんですが、まさに高級ホテルのタオルです。洗濯の仕方も影響すると思っていましたが、そうではないようです。

 しかも今治タオルは海外製のタオルなどと違い、とても長持ちするといわれています。実際私は結構長期間使っていますが、あまり痛みません。やはり高価なだけのことはあるんですね。

 なので私はこれをプレゼントなどに使います。タオルってよく法事の引き出物などに使われたりするので、「エッ、タオル?」と最初は思われますが、実際使ってみるとみんな「とてもよかった」と言ってくれるんです。

 今治タオルは材料の綿や織り方にもこだわりを持って製造されているので、コストを重視した、大量生産の海外製品には対抗できない世界に誇れるメードインジャパンの製品だと思います。