メイドインジャパンの現状 魅力

メイドインジャパン=日本製のものというのは、世界でもとても高く評価をされていることをご存知でしょうか?

このサイトでは、メイドインジャパンの魅力、日本の魅力などを皆さんに知ってもらいたいと思いメイドインジャパンに関してまとめております。

 

なぜ日本製のものはいいのか?

 

何故、日本製のものが価値のあるものとされていったのでしょうか。ひとつは、まず大量生産ではなくひとつひとつに丁寧に作られたひとつの作品であるということが理由にあると思います。メイドインチャイナなどのものや、工場で大量生産されたものというのは、やはり見てもわかるように、雑に作られていたり長い間使うことができずに壊れてしまったりということがあります。

 

しかし、日本製のものは違います。

 

昔から作り手はもの作りに対して信念を持ち、作ったものには命が宿るという考えを持っていました。こうしたことが引き継がれて、そうしたことに向き合う姿勢が今のもの作りに対しても向けられているからだと思います。また、作り手の技術や感性によるものも大きいと思います。ですから、日本製のメイドインジャパンのものには、大量生産のものとは違い、機能や性能も含め、価値のあるものを長くと付き合っていけるという魅力があるのです。

日本なのに、中国産ばかり

しかし、今では日本に住んでいるのにも関わらず日本製のものをあまり見なくなってきました。普段買うものも、タグを見るとメイドインチャイナであるために、ちゃんと見て買わないと、買った後に、これ日本製のものじゃなかった!なんてことも皆さん経験あるのではないでしょうか。

 

日本に住んでいるのに、何故そのようなことが起きるのでしょうか。

 

理由のひとつにはものを作るためにかかる費用が関係しているんです。日本製のもの、つまり良いものを買ったり、使ったりする方がもちろん良いですよね。しかし、ひとつひとつ丁寧で良いものを作るには、良い作り手がいて、良い素材を使って、良いものをきちんと作る、ということが必要になり、生産するための時間がかかるもので、時間とお金がかかるんです。ですからその分、良いものには、それ相当の値段がつくのも当たり前ですよね。

 

 

しかし、そういったものではなく利便性だけを重視したものというのは、安い費用で大量生産をすることができてしまいます。こういったものが日本に流れてくると、やはり、安いものに惹かれますから、安いし使えればいいや!と思う人も増えてきます。実際は、日本で生産された良いものよりも安い値段で手に入るならそっちの方が売れるんですよね。、ですが実際、そうしたもので長く付き合っていけるものはあまり見たことはありません。

 

こうしたことがあっても日本製を使いたいという人はたくさんいますし、海外から来た人も日本製=良いものという認識が今でもあるんです。最近では、メイドインジャパンをもっともっと重視していこうという動きも見られています。